EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
アメリカ環境保護庁、自動車ブレーキパッドの銅等の使用... 
次の記事へ
 件数:10351件
 新着順に表示
 927-934件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.01.10

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 新しい2017年が始まりました。去る2016年は、1996年4月26日に起こったチェルノブイリ原発事故から30年の節目の年でした。また5月1日は水俣病の公式確認から60年でもありました。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を巡る議論や、4月1日に始まった電力小売の完全自由化も大きな注目を集めました。東京都ではかつて環境大臣時代にクールビズを提唱した小池百合子知事が誕生、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた水素化社会の促進など環境面での取り組みが政策の柱の一つに掲げられています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2015.01.21  情報源 | アメリカ  カテゴリ | 健康・化学物質
アメリカ環境保護庁、自動車ブレーキパッドの銅等の使用制限に向け州・業界と合意
 アメリカ環境保護庁(EPA)、州環境評議会(ECOS)及び8業界団体(同国自動車部品工業会等)は、自動車用ブレーキパッドへの銅等の使用を制限する自主的な合意、「銅フリー(非含有)ブレーキ・イニシアティブ」(Copper-Free Brake Initiative)に署名した。
 ブレーキパッドの粉塵に含まれる銅や水銀カドミウムアスベスト六価クロムは雨水によって河川や湖へ流出し、魚類・両生類・植物等に害を及ぼす恐れがある。これらの流出を低減するため、上記の合意はブレーキパッドの銅の含有量を2021年までに5%未満、2025年までに0.5%未満に削減するよう求めている。水銀など他の物質の使用削減も求めている。
 カリフォルニア州とワシントン州は、ブレーキパッドに使用する物質の州規制基準を既に可決している。カリフォルニア州の試算によれば、その成分を変えることで都市排水に含まれる銅は61%も減少するという。 
合意では、具体策として、1)ブレーキパッドの銅等の使用削減を全国で実現するための啓発・支援活動、2)代替となる摩擦材・成分の検査、3)摩擦材の包装・製品への標示、等を挙げている。【アメリカ環境保護庁】
記事に含まれる環境用語 |
EPA
アスベスト
カドミウム
河川
水銀
両生類
六価クロム
プレスリリース |
http://yosemite.epa.gov/opa/admpress.nsf/d0cf6618525a9efb85257359003fb69d/06a4e6aa5b75467d85257dd400689069!OpenDocument

ページトップへ