一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

大日本印刷、バイオマスプラスチックを使った電子レンジ用包装材を開発、業界初

【発表日】 2015.05.14 【情報源】 企業 【地球環境 地球温暖化

 大日本印刷(DNP)は、植物由来原料のバイオマスプラスチックを全ての層に使った電子レンジ用の包装材「DNP電子レンジ包材」を開発した。5月に販売を始める。業界で初めてという。容器全体で最大60%のバイオマス度を達成した。植物由来の原料で製造した「DNPバイオマスプラスチック包材バイオマテック」シリーズのフィルムを使用している。
 この電子レンジ包材は、表層がサトウキビから砂糖を精製した後の廃糖蜜を使った「バイオマテックPETフィルム」、内層は新開発の「バイオマテック低密度ポリエチレン(LDPE)フィルム」で構成される。インキや接着剤を除くフィルム層に植物由来材料を活用してバイオマス度を高めた。バイオマス度は原料の乾燥重量のうち植物由来が占める割合を指す。
 製品のライフサイクル全体で環境負荷低減効果を定量評価するLCA(ライフサイクルアセスメント)で、石油由来フィルムの従来品と比べて製品1個当たりのCO2排出量を最大で約14%削減することが分かった。水蒸気や酸素を防ぐバリアー性が必要な場合は、対応するバイオマスプラスチック包材のフィルムを使用するなど、内容物に応じて設計できる。
 DNPは電子レンジで安全に加熱できる包装材需要の高まりを受け、店舗で販売されている袋のまま加熱できる包装材を2003年に開発して提供してきた。今回、環境負荷抑制を目的にバイオマスプラスチックを使った電子レンジ包材を開発した。DNPは食品や飲料、日用品などのメーカー向け包装材を可能な限りバイオマテックシリーズに切り替えていく。【大日本印刷(株)】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

大日本印刷、バイオマスプラスチックを使用した断熱紙容器を国内で初めて開発(国内ニュース)

凸版印刷、紙と樹脂素材を複合したバイオマスプラスチックによる成型品を開発(国内ニュース)

凸版印刷、バイオマスプラスチック製品シリーズでバイオマスPEの紙カップを開発(国内ニュース)

味の素、「味の素」の瓶のキャップ素材を石油由来から植物由来バイオマスに変更(国内ニュース)

奈良県 竹8割のプラスチック開発 混合率高め耐久性を向上(国内ニュース)