一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

ソニー損害保険、「カーライフ実態調査」買い替え意向でガソリン車がHV上回る

【発表日】 2015.11.05 【情報源】 企業 【大気環境 交通問題

 ソニーグループのソニー損害保険が実施した「全国カーライフ実態調査」の買い替え意向で、ガソリン車の人気が上昇し、2010年以降でハイブリッド車(HV)を初めて上回った。環境技術の進歩で燃費性能が向上していることが背景にあるとみられる。理想の燃費は、平均でガソリン・燃料1Lあたり26.4kmと過去の調査より高かった。
 実態調査は、自家用車を所有して月に1回以上運転する18〜59歳の男女を対象にインターネットで9月12〜18日に行い、1000人が答えた。現在主に運転している車のエンジンタイプは、ガソリン車が89.3%、HV6.1%、クリーンディーゼル車(CDV)1.5%、プラグインハイブリッド車(PHV)0.4%、電気自動車(EV)0.2%となった。
 買い替え予定がある層に次に購入したいエンジンタイプを単一回答で聞いたところ、ガソリン車が34.0%、HV30.4%、CDV5.3%、EV4.2%、PHV3.4%の順だった。ガソリン車はHVより割安なうえ燃費性能が高まっていることなどが要因とみている。過去5年の調査はHVがトップで、2013年はガソリン車の23.0%に対して47.1%あった。
 燃費では理想が1Lあたり26.4kmとなり、2011年の23.6km、2013年の24.8kmより高い性能を求めていた。2012年、2014年調査は該当した設問がなかった。実際の燃費も1Lあたり15.0kmと2011年の12.5km、2013年の13.0kmより高く、実燃費の向上に伴って理想も高くなった。アイドリングストップ機能の搭載は24.0%と、4台に1台に増えた。【ソニー損害保険(株)】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

デンソー・豊田自動織機、トヨタのHV「新型プリウス」搭載の各種製品を新開発(国内ニュース)

北海道下川町、トヨタ自動車のHVの環境運転と連携した植樹活動で協賛金を受領(国内ニュース)

日立製作所、国内向け高圧直流送電の合弁会社が営業開始、総合的なサービスを提供(国内ニュース)

トヨタ自動車、「環境チャレンジ2050」策定、2050年の新車CO2排出量90%削減(国内ニュース)

トヨタ自動車、HVの新型「プリウス」に採用する先進技術公表、40kmの燃費実現(国内ニュース)