EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
世界保健機関など、気候変動による小島嶼開発途上国の健... 
次の記事へ
 件数:10785件
 新着順に表示
 25-32件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2017.11.12  情報源 | 国連  カテゴリ | 地球環境 >> 国際環境協力
世界保健機関など、気候変動による小島嶼開発途上国の健康リスクに対処するイニシアティブを起ち上げ
 国連気候変動枠組条約(UNFCCC)と世界保健機関(WHO)などは、気候変動が小島嶼開発途上国住民の健康に及ぼす影響に対処するためのイニシアティブを起ち上げた。2030年までに、すべての小島嶼開発途上国気候変動に負けない保健システムを備えるとともに、世界中の国々が炭素排出を削減することを目指す。そのために、1)小島嶼開発途上国の保健関係者の国内外での発言力強化、2)気候変動と健康への投資を促すための事業例の収集、3)気候変動への備えを強化するための政策の推進、4)小島嶼開発途上国の気候と健康のための国際的な財政支援の3倍増、の4点を目標とする。
 WHOは、極端気象や海面上昇、感染症リスク拡大などの気候変動の悪影響を小島嶼開発途上国の住民が真っ先に被ることから、国際社会に対策の責任があるとし、国際気候資金のこの分野への配分強化を訴える。フィジー政府は、小島嶼国が気候変動に強い保健システムを作るための知見、資源、技術をこのイニシアティブに期待している。
 この活動は国が主体となることを基本原則とし、いくつかの国はすでにWHOとの協議を始めている。WHOは、UNFCCC事務局と共同で2015年から国別に小島嶼国のリスク分析や適応策の助言作業を行っており、2018年末までにすべての国の分析結果の公表を予定している。【国連気候変動枠組条約】
記事に含まれる環境用語 |
海面上昇
開発途上国
気候変動
気候変動枠組条約
プレスリリース |
https://cop23.unfccc.int/news/launch-of-special-initiative-to-address-climate-change-impact-on-health-in-small-island-developing

ページトップへ