EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
国連環境計画、世界のプラスチック汚染対策の現状を評価  
次の記事へ
 件数:11063件
 新着順に表示
 44-51件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.06.05  情報源 | 国連  カテゴリ | 環境一般 >> 調査/研究
国連環境計画、世界のプラスチック汚染対策の現状を評価
 国連環境計画(UNEP)は、世界環境デーの6月5日、各国政府のプラスチック汚染対策を包括的に評価した報告書「使い捨てプラスチック:持続可能性のためのロ−ドマップ」を公表した。これは60を超す国々の事例研究をもとに、プラスチックの経済における複雑な諸関係を分析し、政策決定者が取りうる具体策を、廃棄物管理の改善、環境保全型代替品の推進、消費者教育、自主的削減戦略、使い捨てプラスチックの使用と販売に課す禁止措置と課徴金の実施などの項目にわたって提案した。なかでも、政府による課徴金と禁止措置は、適切に計画し実施するならば、使い捨てプラスチックの過剰利用を抑制するうえで最も効果的な手法の一つだという。しかしそれだけでなく、企業など民間部門の幅広い協力が基本的に不可欠であるとして、拡大生産者責任、循環型経済に沿った対策へのインセンティブなど、より川上側の政策のためのロードマップを提示した。報告書は、UNEPが世界環境デーを主催したインド政府と共同で作成した。【国連環境計画
記事に含まれる環境用語 |
課徴金
拡大生産者責任
国連環境計画
消費者教育
廃棄物
プレスリリース |
https://www.unenvironment.org/news-and-stories/press-release/new-report-offers-global-outlook-efforts-beat-plastic-pollution

ページトップへ