一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

三重県、海岸漂着物の問題訴え PR映像を映画館で上映

【発表日】 2018.11.22 【情報源】 地方自治体 【地球環境 海洋汚染

 三重県は、伊勢湾の海岸漂着ごみ問題に関するPR映像を制作し、県内の映画館2館で本編上映前に流している。映像をきっかけに、ペットボトルをポイ捨てしないなど、できることから取り組んでもらいたい考え。
 PR 映像「その海岸ごみ、捨てたのはアナタカモ!」は30秒間で、主にアニメーションで構成されている。捨てられた弁当用プラスチック容器や空き缶ペットボトルなどが海岸に流れ着く様子を描き、「あなたの手で、美しい海岸を守ろう」と訴える。
 PR映像は、イオンシネマ鈴鹿(鈴鹿市)と109シネマズ明和(明和町)の2館の全スクリーンで映画の本編が始まる前に上映している。上映期間は2019年2月21日まで。映像は県ホームページや動画投稿サイト「YouTube」でも視聴できる。
 県によると、伊勢湾沿岸に漂着するごみは年間約1万2000トン。うち65%が三重県の沿岸に漂着している。

提供:月刊ビジネスアイ エネコ(日本工業新聞社)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース