EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
国際エネルギー機関、2018年のOECD加盟国の電力動向を分析 
次の記事へ
 件数:11453件
 新着順に表示
 18-25件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2019.04.17  情報源 | 国際機関  カテゴリ | エネルギー >> その他(エネルギー)
国際エネルギー機関、2018年のOECD加盟国の電力動向を分析
 国際エネルギー機関(IEA)は、2018年のOECD加盟国における実質発電量が、前年比1.9%増の1万682テラワット時(TWh)に達したと報告した。このうち天然ガスが、発電量2928TWhと全体の27.4%を占め、初めて石炭を上回ったという。石炭の発電量は2710TWh(発電比率25.4%)であった。天然ガス発電量は、アメリカが牽引役となり前年比5.6%増、石炭発電量は、多くのOECD加盟国で減少したことから同3.7%減となっている。また、再生可能エネルギー(再エネ)については、欧州やアジア・オセアニアが牽引役となり、全ての再エネで発電量が増加し、発電比率は全体で27.4%に達した。風力の51.9TWh増を筆頭に、太陽光、水力、可燃性再エネ、地熱の順で実質発電量が増加した。なお、発電比率の上位は水力(13.8%)、風力(7.0%)、太陽光(約3%)であり、加えて太陽光発電は前年比でみた増加率が全電源の中で最大となる18.9%を示している。この他、原子力の発電比率は17.5%だという。【国際エネルギー機関
記事に含まれる環境用語 |
国際エネルギー機関
再生可能エネルギー
太陽光発電
プレスリリース |
https://www.iea.org/newsroom/news/2019/april/key-electricity-trends-2018.html

ページトップへ