EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ホンダ、新型「アコード」のHVを発売、燃費は1Lあたり30k...
次の記事へ
 件数:1830件
 カテゴリ「大気環境」
 
 476-483件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2013.06.20  情報源 | 企業  カテゴリ | 大気環境 >> 交通問題
ホンダ、新型「アコード」のHVを発売、燃費は1Lあたり30km、PHVもリースで販売
 ホンダは、セダンの新型「アコード」のハイブリッド車(HV)「アコードハイブリッド」を6月21日発売。燃費は、実走行に近いJC08モードでガソリン1Lあたり30kmと、軽自動車トップ並みとなる。家庭用電源で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)「アコードプラグインハイブリッド」も投入し、同日から企業や官公庁向けにリース販売する。
 独自のハイブリッドシステムを搭載する。走行、発電用の2つのモーターと、回生電力を効率的に蓄えるリチウムイオンバッテリーを組み合わせた。発進と低中速域はモーターで走行し、加速時はエンジンで発電してモーターで走り、高速はエンジンで走行する。EV、ハイブリッド、エンジンの3種のモードを自動的に切り替え、高い燃費性能を可能にした。
 減速時にモーターを発電機にして電力を回収する回生ブレーキは、新世代型をさらに進化させ、より多くの減速エネルギーが得られるシステムを初搭載した。排気量2000ccの前輪駆動で、価格は標準タイプの「LX」が365万円、上位の「EX」は390万円となる。EXには追突の危険性を知らせるとともに、自動ブレーキで被害を抑制する衝突軽減ブレーキが付く。
 アコードプラグインハイブリッドは、アコードハイブリッドをベースに大容量のリチウムイオンバッテリーを合わせた新開発のシステムを採用した。EV走行距離が37.6kmあり、満充電で日常走行の大半をカバーする。EV走行可能距離がゼロになった場合は、HVと同様に走行する。JC08モードでガソリン1Lあたり70.4kmの燃費を実現した。価格は500万円となる。【本田技研工業(株)】

プレスリリース |
http://www.honda.co.jp/news/2013/4130620-accord.html?from=copy
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
富士重工業、独自ハイブリッドシステム搭載試作車を国内初公開、初夏に発売(国内ニュース)
トヨタ自動車、HVの世界累計販売台数が500万台突破、CO2排出抑制効果は約3400万t(国内ニュース)
ホンダ、HV・EV含む小型車「フィット」シリーズの国内累計販売が12年弱で200万台(国内ニュース)
富士重工業、「スバル」初HVとなるSUVを「ニューヨーク国際自動車ショー」で公開(国内ニュース)
トヨタ自動車、新型「クラウン」の受注が約1カ月で2万5000台、うちHVが1万6500台(国内ニュース)

ページトップへ