EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ドイツ、COP23を環境管理・監視スキーム(EMAS)に基づき...
次の記事へ
 件数:1015件
 カテゴリ「環境行政」
 
 28-35件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.11.08  情報源 |  カテゴリ | 環境行政 >> その他(環境行政)
ドイツ、COP23を環境管理・監視スキーム(EMAS)に基づき運営
 ドイツ連邦環境省は、ボンで開催中の第23回気候変動枠組条約締約国会議(COP23)を環境管理・監視スキーム(EMAS)に基づき、環境に配慮して運営していることを報告した。会議参加に関わる移動において発生回避不可能なCO2排出量に関しては、相殺される。ヘンドリックス連邦環境大臣は、「我々は、会議を可能な限り環境に配慮して運営している。多様な文化・習慣を持つ2万5000人の人々を対象に取り組むことは挑戦でもある。運営に関わる全ての人々が積極的に、創造的なアイデアとともに関わっていることを歓迎する」と述べた。取り組みの対象分野には、紙の消費、リサイクル素材の利用、ベジタリアン、有機、地域産に重点を置いた食事の提供、廃棄物の排出量、モビリティ、エネルギー・水消費、会場設営、さらに会議運営者や参加者の意識改革も含まれている。COP23開催期間中に専門家によって審査され、そこで合格した場合、11月17日の会議終了時に、連邦環境省と気候変動枠組み条約事務局にEMASが授与される。【ドイツ連邦環境省】
記事に含まれる環境用語 |
EMAS
リサイクル
環境管理
気候変動
気候変動枠組条約締約国会議
廃棄物
プレスリリース |
https://www.bmub.bund.de/pressemitteilung/nicht-von-pappe-und-abfallarm/

ページトップへ