JavaScript対応のブラウザでご覧ください。

EICネット『エコナビ』−あなたのエコライフをナビゲート!−

「食」の生活フィットネス(1)へ 「食」の生活フィットネス(2)へ 「食」の生活フィットネス(3)へ 「食」の生活フィットネス(4)へ 「食」の生活フィットネス(5)へ 「食」の生活フィットネス(6)へ
「食」の生活フィットネス(2)
EICネットのページへ
エコライフガイドのトップページへ
エネルギーのトップページへ
水のトップページへ
ごみのトップページへ
ケミカル-ケアのトップページへ
暮らしの場面のトップページへ
知識編のトップページへ
エコライフガイドとは
食べ放題やバイキングだって、食べる分だけ取って残さないのがスマートでクール
食べ放題のバイキング、あなたのお皿はどうなっていますか?



イラスト:きれいに食べきったお皿と食べ残しの多いお皿、あなたはどちら?


日本の家庭から捨てられる残飯等は、1,045万トン。家庭からの食品廃棄物は、国民一人当たりでは82kgになります。食品製造の際に出るロスなどを加えると1,888万トンの食品廃棄物が発生しています。
一方、そうして廃棄される食べ残しなどの食品ロスは、食料として調達されるうちの約3割に達するとの統計もあります。
その量は実に、世界の食糧援助量(約730万トン)の3倍弱にも相当します。


食べ放題って、「食べ残し放題」ではないですよね。食べられないほど取ってきて、山ほど食べ残して帰るのって、どう思います?


<データ出典>
・農林水産省「食料需給表」、厚生労働省「国民健康・栄養調査」
・国民1人1日あたりの食糧エネルギーは、平成20年度の統計で、食糧供給量が2,473kcal、食糧摂取量が1,867kcal。その差606kcalが食べ残し等とみなすことができます。これを、食糧摂取量で割ると、約3割になります。
「食」の生活フィットネス(1)へ 「食」の生活フィットネス(2)へ 「食」の生活フィットネス(3)へ 「食」の生活フィットネス(4)へ 「食」の生活フィットネス(5)へ 「食」の生活フィットネス(6)へ ごみのトップページへ