一般財団法人環境イノベーション情報機構
エコライフガイド

「買い物」の生活フィットネス(3)

エコマークやリサイクルマーク、詰め替え型商品、環境を見まもるあなたの目には、きっととまるはず

「エコマーク」や「リサイクルマーク」など、環境保全に配慮した製品などを選ぶための基準を設けて、その達成度合いをマークで示したり、また製品の素材を識別するための情報を提供する表示をつける製品が、国際的に、また日本国内でも盛んになってきています。

あなたは商品を選ぶときに、何を基準にしていますか?
環境保全への配慮よりも、健康面への影響が気になるかもしれません。あるいは、経済性を優先して安いものを選んでいるケースも多いでしょうか。また、機能性やデザインなどが最重要視される場面もあることでしょう。
エコマークなどの環境ラベル等の表示を、商品選択のひとつの判断材料にしている人もいることと思います。

大事なことは、例えば「地球にやさしい」とうたわれる商品が本当に環境によいものなのか、あるいはまた、リサイクルを一生懸命進める一方で使い捨て容器の種類や量を増やす消費型の生活が維持される社会のままで、環境によいことをしていると本当にいえるのか、そんな、表面的な宣伝文句に惑わされずに背後にあるものを見極める、「賢い消費者」としての情報分析能力や判断力を持つことだろうと思います。

環境面や経済性、デザイン・機能性などさまざまな判断基準を秤にかけて、何をあきらめて、どのような選択をしているのか、たまには考えてみてもいいのではないでしょうか?

関連リンク