一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

バイオマス燃料の大規模導入策を検討 「エコ燃料利用推進会議」を設置へ

【発表日】 2005.12.06 【情報源】 環境省 【エネルギー バイオマス

 環境省は新たに「エコ燃料利用推進会議」を設置し、その第1回会合を平成17年12月13日に開催する。
 バイオマスは動植物・微生物・有機性廃棄物など生物由来の有機性資源のこと。
 その有効活用は、循環型社会形成、地球温暖化防止(植物バイオマスの燃焼時に放出されるCO2は、光合成により大気中から吸収したCO2の再放出であり、大気中のCO2を増加させない)、環境調和型産業育成、農林漁業、農山漁村の再活性化といったさまざまな観点から期待されている。
 この推進会議では、バイオエタノールなどの輸送用バイオマス燃料や、木質バイオマス燃料などバイオマス資源を原料とする燃料−−の利活用に関する評価を行うとともに、バイオマス資源を原料とする燃料を大規模導入し、石油燃料に代替化していくための具体的な道筋や対応策を検討する。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク