一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

2010年度(平成22年度)の温室効果ガス排出量(確定値)を公表

【発表日】 2012.04.13 【情報源】 環境省 【地球環境 地球温暖化

 環境省は、地球温暖化対策の推進に関する法律等に基づき、2010年度(平成22年度)の温室効果ガス排出量(確定値)をとりまとめ、公表した。
 公表によると、2010年度の温室効果ガスの総排出量は、12億5,800万トンであった。これは、京都議定書の規定による基準年(CO2、CH4、N2Oは1990年度、HFCs、PFCs、SF6は1995年)の総排出量と比べると、0.3%※1 下回った。
 2009年度の総排出量と比べると、エネルギー起源二酸化炭素について産業部門をはじめとする各部門の排出量が減少したことなどにより、4.2%増加していた。2009年度と比べて2010年度の排出量が増加した原因としては、2008年に発生したリーマンショック後の景気後退からの回復の中で、製造業等の活動量の増加に伴い産業部門からの排出量が増えたこと、猛暑厳冬により電力消費が増加したことなどを挙げている。
 なお、2010年度の京都議定書に基づく吸収源活動の排出・吸収量は、約4,990万トン(森林4,890万トン、都市緑化等110万トン)の吸収となり、基準年総排出量の約3.9%に相当した。

※1 環境省では、0.3%減少という数値は森林吸収源対策や京都メカニズムからのクレジットを含むものではないため、この数値と、京都議定書の削減目標であるマイナス6%とを直接対比することはできないとしている。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク