一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

新潟県 太陽光発電「屋根貸し」 県が23市町村と事業参入

【発表日】 2013.01.16 【情報源】 地方自治体 【エネルギー 再生可能エネルギー

 新潟県は、太陽光発電のために公共施設の屋根を発電パネルの設置場所として企業に提供する「屋根貸し」事業に参入する。昨年7月に再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度がスタートしたのを受け、神奈川県など複数の自治体が事業を開始していることから、県も新潟市、長岡市など県内23市町村と共同で始める。県と市町村による共同展開は全国でも初めてという。再生可能エネルギーの柱とされる太陽光発電に県を挙げて取り組むことで普及を加速させるとともに産業振興にもつなげる。
 屋根貸し事業は、県や市町村の役所など公共施設の屋根を借りた発電事業者が、設置した発電パネルでつくった電気を東北電力に売電することで得る収入から賃料を県と市町村にそれぞれ支払う仕組み。窓口を県に一本化することで手続きなどを簡素化し、導入を早める。
 県は発電事業者を1月中をめどに採択する。1事業者に貸し付ける方針で、事業期間を売電開始から20年以内とする。 産業労働観光部産業振興課 TEL:025-280-5256 【兵庫県】

提供:月刊ビジネスアイ エネコ(日本工業新聞社)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ