一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

丸紅、日本でデマンドレスポンスを提供する合弁会社を米国企業とともに設立

エネルギー 省エネルギー】 【掲載日】2013.12.12 【情報源】企業/2013.12.10 発表

 丸紅は、デマンドレスポンス(DR、需要応答Iを提供する合弁会社を米国EnerNOC(エナノック)とともに日本に設立する。同社のDRアプリケーションで、インターネットを介してソフト・サービスを利用するクラウドベースの「DemandSMART(デマンドスマート)」の独占ライセンスを日本で保有して事業を実施する。
 エナノック・ジャパンと名付け、立ち上げについて丸紅とエナノックが合意した。DRは、電力会社の要請に基づいて需要家の使用電力削減を行い、実績に応じて電力会社から対価を得るモデルを指す。エナノックは米国を中心にカナダ、英国、オーストラリアなどで事業展開し、管理する総需要削減規模は約9000MW(900万kW)と世界最大のDR提供者になっている。
 エナノック・ジャパンは、エナノックの持つ経験と、丸紅が世界で手掛ける電力事業のノウハウを集約して日本でDR事業を進め、日本の電力需給の安定化につなげる。丸紅とエナノックは、2012年に関西電力の「BEMSアグリゲーター(電力需要削減を管理・支援する事業者)との協業による電力需給の安定化に向けた取り組み」事業に共同参画している。
 丸紅は、東京電力とともにエナノックを委託事業者にして、経済産業省のインセンティブ型DR実証の事業者に採択された。実証で丸紅とエナノックは、ピーク時供給力と運転予備力調達のためのDRを東京電力に提供する。日本では近年の電力需給状況を受けてDRをはじめとした需要側の取り組みが注目されていることから、丸紅は合弁会社で事業強化する。【丸紅(株)】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ