一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

豊田自動織機など、アプリ「全国EV・PHV充電まっぷ」でカーナビとの連携開始

【発表日】 2015.08.06 【情報源】 企業 【大気環境 交通問題

 豊田自動織機は、トヨタ自動車子会社で情報サービスのトヨタメディアサービス、日本ユニシスと展開するスマートフォン(多機能携帯電話)アプリ「全国EV(電気自動車)・PHV(プラグインハイブリッド車)充電まっぷ」で、カーナビとの連携を8月5日に始めた。全国の充電器施設情報が検索できる。関係団体などへの情報の提供も開始した。
 全国EV・PHV充電まっぷは、3社が推進する「EV/PHV利用促進プラットフォーム事業」の一環で開発した。同事業は、環境省の「2015年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」に採択されている。これまでは、全国EV・PHV充電まっぷで検索した結果をカーナビでドライバーが再検索する必要があったが、今回連携アプリに対応した。
 連携アプリは、スマートフォンとカーナビを仲介する「NaviCon(ナビコン)」で、デンソーが開発した。スマートフォンの各種アプリで探した場所をカーナビの目的地に設定でき、カーナビの操作もスマートフォンで可能になる。これによって、全国EV・PHV充電まっぷで見付けた充電器施設情報をカーナビに転送し、容易にルート検索できる。
 10月30日までは充電器施設と周辺の観光情報を提供する実証を行い、有効性を確認する。充電のための行動変化の検証ではなく、行動目的を中心にした実証を進める。併せて、関係団体や自治体向けにパソコン・タブレット用のブラウザー版全国EV・PHV充電まっぷのサイト運用も始めた。3社が開発した基盤で整備した充電器施設情報を提供する。【(株)豊田自動織機】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

三菱地所・NEC、自然エネルギーを活用したEV・PHV向けの有料充電サービス開始

豊田自動織機など、「EV/PHV利用促進プラットフォーム事業」の実証事業を開始

NEC、EV・PHV用充電器をホームセンターに大規模に設置して有料サービスを開始

豊田自動織機、EV・PHV用の新型充電スタンドを開発、親機で複数の子機を制御

豊田自動織機など、スマートフォン向けのEV・PHV充電器施設検索アプリを提供