EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
今年の南極オゾンホールの最大面積は過去29年間で最小記録 
次の記事へ
 件数:28957件
 新着順に表示
 142-149件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.12.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2017年もさまざまなできごとがあった。直接環境にかかわるトピックスは本編に譲るとして、米国のトランプ大統領の就任による自国第一主義への舵きりは、支持基盤層である石炭産業の復権をめざした保護策の打ち出しなど、環境政策にも大きな影響が及んでいる。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2017.12.01  情報源 | 気象庁  カテゴリ | 地球環境 >> オゾン層
今年の南極オゾンホールの最大面積は過去29年間で最小記録
 気象庁は、今年の南極オゾンホールの最大面積が1988年以来最小の値となった、と発表した。

 気象庁が米国航空宇宙局(NASA)の衛星観測データを基に解析した結果、2017年の南極オゾンホールは、 例年と同様に8月頃に現れ、11月19日に例年より早く消滅した。
 今年のオゾンホールの最大面積は、9月11日に記録した1,878万km2(南極大陸の約1.4倍)で、1988年以来の小さな値となった。
 
 オゾン層破壊物質の濃度は緩やかに減少しているものの、依然として高い状態にある。 今年のオゾンホールの面積が近年と比較して顕著に小さかった要因は、成層圏の気温が8月中旬以降かなり高く推移したことにより、 オゾン層破壊を促進させる極域成層圏雲が例年よりも発達しなかったことが考えられる。

 世界気象機関(WMO)と国連環境計画(UNEP)の報告によると、 南極上空のオゾン層が、オゾンホールがほぼ見られなかった1980年の水準に回復するのは、今世紀半ば以降になると予測されている。

【気象庁】
記事に含まれる環境用語 |
オゾンホール
オゾン層
オゾン層破壊物質
極域成層圏雲
国連環境計画
世界気象機関
南極
南極大陸
プレスリリース |
http://www.jma.go.jp/jma/press/1712/01a/ozonehole1712.html

ページトップへ