一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

アメリカ環境保護庁など、栄養塩汚染センサーを用いた水質改善実証コンテストを開催

水・土壌環境 その他(水・土壌環境)】 【掲載日】2018.03.15 【情報源】アメリカ/2018.03.01 発表

 アメリカ環境保護庁(EPA)など5つの連邦機関は、栄養塩汚染センサーを利用した水質改善方法を示す実証コンテスト「栄養塩センサー・アクション・チャレンジ」を開催することを発表した。アメリカでは、水中の過剰な窒素リンが原因で栄養塩汚染が広範囲に発生している。この「チャレンジ」は、既存の水質モニタリン栄養塩管理の取組に栄養塩センサーを導入する戦略を示すことで、汚染の測定と削減の課題を克服する。2017年8月に開催した同チャレンジの第一段階では、センサーの配備とデータ収集によって州や地域の意思決定を改善する計画を募集し、5つの優秀プロジェクトを表彰した。今回の第二段階では、3か月以上にわたって複数の栄養塩センサーで実際にデータを集め、地域社会の栄養塩管理の意思決定に役立てる。優秀者には総額10万ドルの賞金が授与される。EPAは2014年に、低コストかつ高パフォーマンスの栄養塩センサーとアナライザーを開発するための栄養塩センサー・チャレンジを実施しており、これが今回の基盤となっている。【アメリカ環境保護庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース