EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
国際エネルギー機関、再生可能エネルギー統合のため柔軟... 
次の記事へ
 件数:11143件
 新着順に表示
 140-147件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.05.24  情報源 |  カテゴリ | エネルギー >> 再生可能エネルギー
国際エネルギー機関、再生可能エネルギー統合のため柔軟な電力システムへの対策が必要と報告
 国際エネルギー機関(IEA)は、再生可能エネルギーの普及に伴い、発電量の変動性を許容する柔軟な電力システムを構築するための対策が必要だと報告した。太陽光を中心とする出力変動型再生可能エネルギー(VRE)の導入が急増するなか、VREを安定的かつ低コストで管理するため、電力システムの柔軟性を高めることが新たな課題となっている。VREの統合には、屋上設置型ソーラーパネルなどの分散型発電技術、電気自動車、デジタル化の進歩も考慮する必要がある。IEAによると、柔軟性向上のために必ずしも大規模投資は必要なく、発電所の操業方法を低コストで改善する多様な選択肢がある。堅牢なスマートグリッドや需要側の対応、コスト効果の高い電力貯蔵も柔軟性に寄与する。電力システムの改革では、個々の発電所の収益性を保護するため政策措置も必要となる。IEAはこの報告で、中国、デンマーク、ドイツ、インドの事例を含め、VREを統合した電力管理の方法をまとめている。【国際エネルギー機関
記事に含まれる環境用語 |
スマートグリッド
ソーラーパネル
国際エネルギー機関
再生可能エネルギー
電気自動車
プレスリリース |
http://www.iea.org/newsroom/news/2018/may/iea-report-highlights-need-for-policy-action-to-improve-power-system-flexibility.html

ページトップへ