EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
世界の発電量で再生可能エネルギーが2位に、国際エネルギ...
次の記事へ
 件数:11455件
 新着順に表示
 1766-1773件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2015.08.06  情報源 | 国際機関  カテゴリ | エネルギー
世界の発電量で再生可能エネルギーが2位に、国際エネルギー機関が報告
国際エネルギー機関(IEA)は、世界の発電電力量の内訳に関し、2014年の暫定データを含む最新データを公表した。それによると、2013年に再生可能エネルギーの発電量が天然ガスを上回り、石炭に次ぐ2番目に大きな電力源になったという。特に、OECD加盟国では、水力以外の再生可能エネルギーの発電量が2013〜2014年に8.5%増と大幅に増加した。中でも太陽光発電風力発電の成長が著しく、欧州のOECD加盟国では1990〜2014年の太陽光発電の年ごとの増加率を平均すると44.6%、風力発電は27.1%になるという。電力全体では、2014年のOECD加盟国の発電量は2013年比で0.8%減少した。
一方、OECD非加盟国では電力全体の発電量は増加しており、2010〜2013年の年平均増加率は5.6%となった。2011年には発電量でOECD非加盟国が加盟国を初めて上回っている。OECD非加盟国における増加によって、2013年の世界の石炭発電量は9613テラワット時(TWh)と過去最高を記録した。【国際エネルギー機関
記事に含まれる環境用語 |
国際エネルギー機関
再生可能エネルギー
太陽光発電
風力発電
プレスリリース |
http://www.iea.org/newsroomandevents/news/2015/august/renewable-electricity-generation-climbs-to-second-place-after-coal.html

ページトップへ