EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
北極評議会、北極圏の気候は予想以上の速さで広範に変化... 
次の記事へ
 件数:10937件
 新着順に表示
 434-441件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.04.26  情報源 | 国連  カテゴリ | 地球環境 >> 地球温暖化
北極評議会、北極圏の気候は予想以上の速さで広範に変化していると警告
 北極評議会の北極圏監視評価プログラム(AMAP)は、温室効果ガス(GHG)の濃度上昇が主な原因で北極圏の気候が急速かつ広範に変化し、「新たな状態に移行しつつある」とする報告書を公表した。観測データによると北極圏は年を追うごとにより暖かく、降水量が多く、変わりやすい環境へと置き換わりつつあり、世界の人類、資源、生態系に重大な影響があるという。また、最新の科学的証拠によれば、変化はIPCC報告書の海面上昇予想を上回り、早ければ2030年代末には夏季に北極海の海氷がほとんどなくなる恐れがあるとしている。
 報告書はほかに、1)北極圏の気温上昇は世界平均の2倍以上の速度、2)温暖化は少なくとも21世紀半ばまで続き、今世紀中に北極圏がかつての状態に戻ることはないが、GHG排出量を現時点で大幅削減すれば21世紀半ば以降は影響の安定化が可能、3)適応政策によって脆弱性を低減することは可能で、自治体や地域のレベルでの適応が緊急に必要、4)効果的な緩和・適応政策には北極圏の気候変動の十分な理解が必要で、観測範囲の拡大、地域レベル予想の改善、不確実性低減の取組みが必要なこと、などを示した。【世界気象機関
記事に含まれる環境用語 |
安定化
温室効果ガス
海面上昇
気候変動
世界気象機関
生態系
北極
北極圏
プレスリリース |
https://public.wmo.int/en/media/news/arctic%E2%80%99s-climate-%E2%80%9Cshifting-new-state-%E2%80%9C

ページトップへ