一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

アメリカとカナダ、オンタリオ湖水質改善計画案を公表

【発表日】 2019.04.18 【情報源】 アメリカ 【水・土壌環境 その他(水・土壌環境)

 アメリカ環境保護庁(EPA)は、EPA五大湖国家計画局、カナダ環境・気候変動省(ECCC)と共に、オンタリオ湖の水質改善のための5か年の行動管理計画(LAMP)案を公表した。アメリカとカナダは、五大湖水質協定(GLWQA)に基づいて、五大湖およびそれらに連結する河川生態系の健全性を回復、保護、調査、モニタリングするために二国間でのLAMPを策定している。今回のオンタリオ湖を対象としたLAMP案は、同湖とそれに連結するナイアガラ川、セントローレンス川の水質保護・回復を目的として、EPAとECCC主導のもとに策定されたものである。この計画案の中には、1)栄養塩削減、2)水生・湿地生息地および在来種の健全性改善、3)侵略的外来種の管理、4)化学物質汚染の軽減、など現在発生している同湖への脅威に取り組むための26の行動計画が盛り込まれている。EPAは計画案について2019年6月13日まで意見公募を行うとしている。【アメリカ環境保護庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース