一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

フィンランド環境研究所、公共調達の調達基準に環境フットプリントの利用を提案

環境一般 調査/研究】 【掲載日】2020.05.05 【情報源】/2020.04.17 発表

 フィンランド環境研究所(SYKE)は、このほど発表した研究において、公共調達の調達基準として「製品の環境フットプリント」(PEF)手法による気候影響評価の採用を提案した。欧州委員会が開発したPEF手法は、製品がライフサイクルを通じて環境に与える影響を気候変動オゾン層破壊、生態毒性、酸性化、富栄養化、天然資源の劣化等16項目について算定し評価する。2015年のフィンランドの公共調達のカーボンフットプリントは、8.3MtCO2eで、公的消費は排出の12%を占める。PEF情報が調達基準として採用されれば、排出削減に役立つ。また、公共調達からの一歩は、市場での普及へ道を開く。PEF手法を入札に利用するためには、製品カテゴリー別のPEF算定が必要である。研究は、欧州委員会が作成したPEFカテゴリー規則(PEFCR)に基づいて乳製品とIT機器(ストレージ)の気候影響の算定方法を示した。課題はPEFCRの作成された製品カテゴリーが少ないことである。SYKEは、PEFCRがなくても、サプライヤーに対し一般的なPEFデータを要求することが、将来的な制度整備に向けた啓発につながるとしている。
【フィンランド環境研究所】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク