JavaScript対応のブラウザでご覧ください。

EICネット『エコナビ』−あなたのエコライフをナビゲート!−

海洋汚染のメカニズム
EICネットのページへ
エコライフガイドのトップページへ
エネルギーのトップページへ
水のトップページへ
ごみのトップページへ
kミカル-ケアのトップページへ
暮らしの場面のトップページへ
知識編のトップページへ
エコライフガイドとは
目次

海は地球の表面積の7割を占める広大な広がりをもっている。しかし、人は海を、不要物を流し去ってしまうところとしても利用してきたため、一部の海域では「水に流す」ことが「天につばする」結果となって帰ってきている。


「国連海洋法条約」では、海洋汚染の原因を次のように分類している。
  • 陸からの汚染(河川、パイプラインなどを通じて川に流れ込む工場や家庭からの汚染物によるもの)
  • 海底資源探査や沿岸域の開発などの活動による生態系の破壊、汚染物質の海への流入など
  • 投棄による汚染(陸上で発生する廃棄物を海洋に投棄することによる汚染)
  • 船舶からの汚染(船舶の運行に伴って生じる油、有害液体物質、廃物などの排出による汚染)
  • 大気を通じての汚染(大気汚染物質が雨などとともに海洋に達して生じる汚染など)
さらに、タンカー事故や戦争(「湾岸戦争」での大量の油の流出など)も大きな海洋汚染の原因と考えられる。

知識編のトップページへ