一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

2013年以降の温暖化対策の枠組みで議論が前進 AWG4が開催される

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2007.09.07 【情報源】環境省/2007.09.03 発表

 「先進国(附属書T国)の更なる約束に関する第四回アドホック・ワーキング・グループ(AWG4)」及び「気候変動に対応するための長期的協力に関する第四回対話」がオーストリア・ウィーンで19年8月27日(月)から31日(金)にかけて開催された。
 AWG4では、先進国の削減可能性に関しては国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局が作成した技術文書を基とした分析を継続するとともに、国際エネルギー機関(IEA)等による分析作業も重要であるとした。また、見込まれる削減幅に関しては、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第4次評価報告書の最も削減幅が大きいシナリオを例示する結論文書が採択された。
 長期的協力に関する第四回対話では、「適用(気候変動による悪影響に対応するための措置)」が「緩和(温室効果ガス削減策)」と並んで重要であること、その双方を実現する手段としての「技術」及び「資金フロー」の位置づけと、さらにこれら4つの課題すべてにおいて、持続可能な開発と国別事情を考慮が成されることが原則であると確認された。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク