一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

第3回東アジア首脳会議(EAS)環境大臣会合

地球環境 国際環境協力】 【掲載日】2012.10.01 【情報源】環境省/2012.09.28 発表

 環境省は、平成23年9月27日にタイ・バンコクで開催された「第3回東アジア首脳会議(EAS)環境大臣会合」の結果概要を公表した。
 会合には、ASEAN諸国(ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、
マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)、日本、中国、韓国、インド、豪州、ニュージーランド、米国、ASEAN事務局が出席し、今回から米国およびロシアが加わり、18カ国となったEASの今後の環境協力について議論が行われた。
 日本からは、震災後の我が国の取り組み、我が国の環境未来都市イニシアティブ、リオ+20で合意された持続可能な開発目標の設定に貢献する我が国の研究、アジア太平洋適応ネットワーク(APAN)および東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(EANET)のもとでの活動について紹介した。
 EAS環境大臣会合のもとでの協力としては、第3回環境的に持続可能な都市ハイレベルセミナー、我が国の支援により実施されたASEANモデル都市プログラム、本年4月に東京で開催された東アジア低炭素成長パートナーシッププログラムについて報告が行われた。
 また、今後の活動として、6月に開催された国連持続可能な開発会議(リオ+20)の成果に関する協力、都市に関する協力、気候変動・適応に関する協力についての豪州からの提案について議論が行われ、高級実務者レベルで検討していくこととなった。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク