一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

九州電力、グループ会社が長崎県佐世保市の発電所跡地で大規模太陽光発電事業を実施

【発表日】 2013.02.28 【情報源】 企業 【エネルギー 再生可能エネルギー

 九州電力のグループ会社で太陽光発電関連事業を手掛けるキューデン・エコソルは、長崎県佐世保市に九州電力が保有する旧相浦火力発電所跡地で大規模太陽光発電事業を実施する。5月に発電所の建設を始め、2014年3月に運転開始する。発電出力は10MW(1万kW)で、九州電力グループ3カ所目のメガソーラー(大規模太陽光発電所)となる。
 建設する発電所は「佐世保メガソーラー発電所」の名称で、臨海部の火力発電所跡地約12万m2に造る。10MW(1万kW)の出力で年間1035万6000kWhの発電電力量を想定する。一般家庭2900世帯分の年間使用電力量に相当し、CO2排出削減効果は年間5200tと推定している。キューデン・エコソルが事業主体になって発電所を開発、運営する形を採る。
 九州電力は遊休地をキューデン・エコソルに賃貸し、キューデン・エコソルは、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度に基づき、発電した電力を九州電力に20年間売電する。佐世保メガソーラー発電所を建設する場所は、同じ名称で現在稼働している相浦火力発電所とは異なり、既に廃止になった旧相浦発電所の跡地を有効活用する。
 九州電力グループのメガソーラーは、九州電力が事業者になっている3MW(3000kW)の「メガソーラー大牟田発電所」(福岡県大牟田市)が2010年11月に運転を始めた。このほか、キューデン・エコソルが担当する13.5MW(1万3500kW)の「大村メガソーラー発電所」(長崎県大村市)が3月に一部運転を開始する。どちらも発電所跡地に造った。【九州電力(株)】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ