EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
NEC、「海外大規模農場分析ソリューション」開発、カゴメ...
次の記事へ
 件数:29304件
 新着順に表示
 3708-3715件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2015.11.11  情報源 | 企業  カテゴリ | エコビジネス >> その他(エコビジネス)
NEC、「海外大規模農場分析ソリューション」開発、カゴメとポルトガルで実証
 NECは、農作物の収穫量増加や栽培の効率化を図る「海外大規模農場分析ソリューション」を開発した。食品製造・加工会社や商社などとソリューションを活用して実証実験を行い、事業化を進める。これにより、農業ICT(情報通信技術)を世界で展開する。第1弾でカゴメとポルトガルのトマト農場で2015年の夏期シーズンを通じて実証し、成果を確認した。
 このソリューションは、農場に設置した気象・土壌などのセンサーや人工衛星・ドローン(小型無人航空機)のデータと、かんがい、肥料など営農環境データを基に仮想農場をコンピューターに構築し、生育シミュレーションで収穫量や収穫に適した時期を予測する。生育や気象に応じた水・肥料・農薬の使用量最適化と収穫量最大化が実現できる。
 カゴメは効率的なトマト栽培に向けてICTの活用に着目し、ポルトガルの試験農場でNECと2015年3月からソリューションを検証した。その結果、農場の水分・窒素ストレスの「見える化」による農場間の収穫量の差の原因分析▽農場ごとの最適な栽培方法の導き出し▽収穫1カ月前からの収穫量や収穫に適した時期の正確な予測−−が可能になった。
 試験農場での1haあたりの収穫量は146tとポルトガル平均の約1.5倍で、近隣の農地と比べて面積あたりの収穫量が20%ほど増加したと推測される。カゴメとNECは、オーストラリアで10月からこのソリューションを活用した実証実験を続けている。世界規模で食糧需要が急増する中、NECはこのソリューションによって農業の生産性向上につなげる。【日本電気(株)】

記事に含まれる環境用語 |
窒素
プレスリリース |
http://jpn.nec.com/press/201511/20151111_03.html
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
NEC、グループが新規就農者育成を支援する農業ICTソリューションの販売を開始(国内ニュース)
イオンリテール、次世代型食品生産トライアルを会津若松市、東京農業大と開始(国内ニュース)
NEC、ルーマニアの農場でオランダのIT企業と農業ICTの実証実験、化学薬品を削減(国内ニュース)
茨城県の鳥インフルエンザウイルスに不自然さ 農水合同会議が指摘(国内ニュース)
未承認ワクチン使用、野鳥の飛来など調査徹底へ 鳥インフルエンザ感染経路究明で(国内ニュース)

ページトップへ