一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

COP19/CMP9開催 結果概要を公表

【発表日】 2013.11.23 【情報源】 外務省 【地球環境 地球温暖化

 外務省は、平成25年11月11日〜23日までポーランドのワルシャワで開催されていた国連気候変動枠組条約第19回締約国会議(COP19)及び京都議定書第9回締約国会合(CMP9)の結果概要を取りまとめ公表した。
 今回の会合では、「強化された行動のためのダーバン・プラットフォーム特別作業部会(ADP)」に関して、すべての国が、2020年以降の約束について、各国が自主的に決定する約束のための国内準備を開始してCOP21に先立ち、約束草案を示すこと及び約束草案を示す際に提供する情報をCOP20で特定すること等の今後の段取り等を決定した。
 また、資金については、COP18以降に先進国が行った資金プレッジの認知、2014年から2020年までの間の隔年の気候資金に関するハイレベル閣僚級対話の開催、気候資金拡大のための戦略・アプローチ等に関する会期中ワークショップの開催、COPと緑の気候基金(GCF)の間のアレンジメントへの合意等の決定が採択された。
 気候変動の悪影響に関する損失・被害(ロス&ダメージ)については、条約下の既存組織の代表により構成される「ワルシャワ国際メカニズム」の執行委員会を暫定的に設立し、メカニズムの機能や実施のための2カ年作業計画を策定すること、COP22でメカニズムについて見直すこと等を決定した。【外務省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

公開シンポジウム「地球温暖化はどうなるのか? −IPCCの最新科学的知見と日本からの貢献−」 12月3日開催(国内ニュース)

ドイツのボンでADP2-2及びSB38 開催される(国内ニュース)

強化された行動のためのダーバン・プラットフォーム特別作業部会第2回会合(ADP2)等の結果公表(国内ニュース)

COP18/CMP8開催 「ドーハ気候ゲートウェイ」を採択(国内ニュース)

関連リンク