EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
愛知県豊橋市、バイオマス利活用センター 生ごみや下水... 
次の記事へ
 件数:29885件
 新着順に表示
 1085-1092件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.10.04  情報源 | 企業  カテゴリ | エネルギー >> バイオマス
愛知県豊橋市、バイオマス利活用センター 生ごみや下水汚泥から発電
 家庭の生ごみや下水汚泥などをエネルギーとして活用する豊橋市の「バイオマス利活用センター」が本格稼働を始めた。これまで別々に処理されていた下水汚泥し尿浄化槽汚泥、生ごみを集約してメタン発酵処理し、生成したバイオガスを燃料に発電する。
 同センターは市内にある中島処理場の敷地内に整備。PFI(民間資金を活用した社会資本整備)の手法を導入し、JFEエンジニアリングや鹿島建設など4社の共同出資で設立した特別目的会社「豊橋バイオウィル」(豊橋市)が運営する。
 発電設備の年間発電電力量は、一般家庭約1890世帯分の年間使用電力量に相当する680万kWhを見込む。発電した電力は再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度に基づき、電力会社に売電する。
 佐原光一市長は「530(ごみゼロ)運動の発祥の地にふさわしく、ごみから資源へという取り組みを全国に発信していきたい」と話している。
 市民を対象に、同センターの見学も実施している。時間帯は平日午前9時〜正午、午後1時〜4時(祝日、年末年始を除く)。申し込み、問い合わせは中島処理場(電話:0532-46-2854)まで。
 
記事に含まれる環境用語 |
し尿
バイオガス
バイオマス
メタン
汚泥
下水汚泥
再生可能エネルギー
浄化槽
プレスリリース |
http://www.jfe-eng.co.jp/news/2017/20171004091100.html

ページトップへ